ビジネスローンを利用するに際しての注意点

ビジネスローンは不動産担保なども必要なく、必要書類として利用者の本人確認書類の他に、決算書等の事業所得を証明できる資料(収入証明書)があれば問題なく利用できます。注意点があるとすれば、確定申告書が二期分必要になるケースもあります。赤字決算の場合には審査通過が難しくなり、ビジネスローンの申し込みには一定の業歴が必要となる事から、開業資金を融資された資金としては使用できません。他にもビジネスローンを利用する前に確認しておく注意点もあります。一番の魅力は融資スピードですが、その分金利が高めの設定です。その為、借りたお金は借入期間が長くなればなる程負担する利息も増える事になります。金利負担の大きいビジネスローンはつなぎ資金として短期間で活用するような使い方が望ましいと言えます。

ビジネスローン(事業者ローン)とは

一般的なキャッシング(カードローン)は、個人を対象にした金融商品で、ビジネスローンとは違い、中小企業経営者や個人事業主などが、事業拡大資金を調達する為に、個人を対象にした一般的なカードローンを利用する事は原則としてできません。一方、ビジネスローンは事業者のみが対象の金融商品を指します。ビジネスローンを扱う金融機関の多くが審査方法としてスコアリングシステム(統計データを基にして融資を希望している方の信用度をスコア化する事で可否を決定する方法)を採用していると言われています。担保や保証人に関しても無担保ローンと有担保ローンがあり、無担保ローンは無担保・無保障で融資が受けられる為金利が高めに設定されています。総量規制では事業資金としての借入であれば対象外となります。

ビジネスローンの申し込みについて注意点

ビジネスローンは銀行、カード会社や証券会社、消費者金融など様々な機関で取り扱われていることで、内容も多岐にわたります。申込みは店頭でも可能ですが、ネットからの申し込みが一般的です。金利が低いのは大手銀行などですが、審査は厳しく消費者金融系は金利が高いですが大手銀行より厳しくない傾向です。申込みから融資までの期間は早いところで最短即日での融資が可能です。即日の場合は銀行振り込みとなる為、銀行の営業時間終了までに申し込む必要があります。審査期間は金融機関によって違い、一般的には数日から一週間程かかる場合もあります。ビジネスローンの審査はスコアリングで決算書の数値がチェックされます。収益性、安全性、返済能力などです。借入金額や借入期間によって月々の返済額が変わる為、安易に借入をせず、借入条件を細かくチェックし、毎月の返済額が事業のキャッシュフローを圧迫しないかを確認する必要があります。